ジュジュ プロフィール
12歳でジャズシンガーを目指し、18歳の時に観光で訪れたニューヨークを好きになり、半年後に単身渡米[1]。以来、NYで生活している。

NYで出会った作家のE-3やDJ HIROnycらと作り始めた音楽作品が日本で評判を呼び始め、デビュー前に映画「凶気の桜」の主題歌制作に協力した。しかし、その後は順風満帆とはいかず、2004年発売のメジャーデビューシングル、2ndシングルともにセールスが振るわなかった為、以降の2年間は全てパッケージ作品のリリースとなった[1]。

模索を続け、最後のメジャーリリースかも知れないと思い、2006年11月にリリースした「奇跡を望むなら...」が話題を集め、USEN総合チャートに22週連続チャートインを記録し、2007年USEN年間総合チャート1位を記録するヒットとなった。

2008年4月から、12ヶ月連続のカヴァーライブ「ジュジュ苑」を開催する。同年10月10日、ニューヨークで凱旋ライブ「JUJU苑 in NY」を行った、また日本記念日協会は本日を「JUJUの日」として正式認定。

HOME
                 
D.C ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成